高等部の教育目標

 

・生徒一人ひとりのニーズに応じた教育を通して、青年期にある生徒の心身共に調和のとれた発達を目指す。
・地域社会の中で、自分らしくいきいきと暮らすことのできる(自己有用感を持った)生徒に育てる。


① 情緒の安定を図り、健全な心と健康な身体の発達を目指す。
② 基本的な生活習慣を確立し、自立するための力を育てる。
③ 豊かな人間性、社会性を養い、社会参加に必要な力を育てる。
④ 職業教育の充実を目指し、働く意欲・態度を養う。
⑤ 自分らしさを探求し、社会の中で自己の役割を発揮する力・態度を養う。