トップページへ

3年授業の様子

 10月23日(月)~11月6日(月)の10日間、教育実習生が3年の生徒とともに過ごしました。親睦を深める目的で行ったレクリエーションの様子です。ダストシュートゲーム、万歩計ゲーム、言葉で伝える絵描きゲームなどで楽しみました。

 

 

  

 

11月27日校外学習

 卒業後の進路先選択の為の学習として、小田急相模原駅周辺の職業能力開発校と清掃を専門にしている相模大野駅近くの特例子会社ウェルハーツ小田急を見学しました。

 

 

 

11月18日(土)文化祭

 練習を重ねてきた合唱を披露しました。ソプラノ、アルト、男声の各パートに分かれ一生懸命練習しました。本番の緊張感にも負けず堂々と歌い上げました。

 作品展示では、伊志田高校文化祭(宿志祭文化部門)で出店した3年生の沖縄ショップの装飾をはじめ伊志田高校福祉委員とのコラボで使用したペットボトルキャップを使った看板、美術で作製したデッサンなどで彩られました。

 

 

  

 

11月1日(水)1年 学研ココファン交流会

 職業の授業でお世話になっているインターンシップ先の老人介護施設である学研ココファンで交流会を行いました。入学式や伊志田高校の体育祭、文化祭参加等の行事の紹介や職業での活動内容等をご利用者の方々に発表しました。その後、手遊び歌を通じて交流を深めました。

 

 

10月26日、27日 宿泊学習

 前週末に台風が直撃し、天候が心配されましたが、初日から好天に恵まれました。到着後、周辺を散策し自然に囲まれたアスレチックコースを歩きました。持参した弁当で昼食をとった後、平塚市社会福祉協議会のスタッフをお招きして高齢者疑似体験を行いました。様々な疑似体験用の装具を身に付けた後、びわ青少年の家の館内を巡りました。夕食は係が一丸となって準備したカレーライスとサラダです。カレールーはマイルドとホットの2種類を用意。3年生の先生が様子を見に来てくれました。お礼にカレーライスをご馳走しました。

 2日目は朝6時起床。少ない時間を使い、朝食も係が準備しました。8時45分出発までの時間に館内を清掃。清掃後にびわ青少年の家のスタッフのチェックがあることもあり、一生懸命取り組みました。

 徒歩にてしんわルネッサンスへ移動。荷物を持って一山越えます。現場実習等でもお世話になっている場所です。HONDA技研に自動車のパーツを供給している工場の見学や、社員食堂で昼食をとった後、環境を考えた商品として発案された苗木ポットの作製体験を行いました。短い2日間でしたが充実した時間を過ごせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

9月19日〜9月29日 校内実習

 昨年度から始めた校内実習は、今年度は実習期間を1週間から2週間に増やすとともに、作業内容もボールペンの組み立てに加え、バーコードシール貼りやマジックテープの梱包作業等、バラエティに富んだ内容となりました。受注を依頼した企業様から、作業の完成度が高く素晴らしいと評価をいただきました。

 

 

 

9月7日 1学期インターンシップ実習報告会

 2学期のメンバー入れ替えに伴い、1学期に体験した作業について、各実習先と校内受注班ごとに発表を行いました。

 当日は、伊志田高校の視聴覚室を利用して、事前に用意したパワーポイントや実演を交えて体験した作業について説明しました。

 

 

 

9月2日、3日 宿志祭(文化部門)

 第35回を迎えた県立伊志田高校の文化祭に分教室の各学年が参加しました。

 1年生は、伊志田高校図書委員会とコラボし、古本市を出店しました。

 2年生は、小物の販売やアームレスリング等のイベントを主催しました。

 3年生は、修学旅行で楽しんだ沖縄にちなんだ小物やお菓子、飲み物を提供する沖縄ショップを出店しました。

 各学年の出店に加え、伊志田高校福祉委員や保健委員、美化委員等と協力して文化祭を盛り上げました。

 

 

 

毎週火・木曜日 職業(インターンシップ実習)

 年間を通じて、毎週火曜日と木曜日の午前中に、近隣企業・事業所等の施設にて実際に働く体験を実施しています。

 平成29年度は、校内受注作業グループ(ハンガーリサイクル)、ビルメンテナンス業務実習グループ、スーパー等でのバックヤード業務実習グループ、ファッション物流での商品管理等実習グループに分かれて活動しています。

 この実習を通じて、社会人として自立するために必要とされる基礎的な知識や技術、勤労観、職業観を身につけることが目標です。

 実習先の方々の指導の他に、3学年縦割りのメンバーとなるので、上級生が、これまでに習得した技術や知識、態度を下級生に指導することで、生徒同士が互いに学び合う機会となっています。

 実習の場を提供していただいた地域の方々の支えのもと、このインターンシップ実習という実践的な教育活動が成り立っていることに感謝し、今後も伊志田分教室の柱となる活動として大切にしていきたいと思います。